FC2ブログ
■日時 2014年6月14日(土)~15日(日)
■場所 瑞牆山・十一面岩末端壁、大面岩
■メンバー 荒澤、森田、ヨコさん(ぶな)

■14日(土)十一面岩末端壁 調和の幻想 5P
土曜日は調和の幻想へ。駐車場 でホームジムのメンバーや知人に会ったり。ジャンボさんもいた。これは末端壁は混んでいるのかなぁと思ったけど、着いたら1パーティのみで、調和の幻想は誰も取り付いていない。壁は結構濡れていて、水が滴っており、調和の幻想も1,2ピッチ目が一部濡れていたが、何とか登れそうなので予定通り取付く。3人パーティで ツルベで登れないため、前半1~3ピッチは荒澤リード、後半4、5ピッチはヨコさんリードとなった。最終ピッチのフレーク~O.W.はフォローだったしお気楽、簡 単だった。終了点の中途半端感は否めないけど、楽しいルートでした。


1ピッチ目 荒澤リード
朝一でいまいちジャムがしっくりこない感じがあり、慎重にリード。

2ピッチ目 荒澤リード
出だしでカムを一本入れた後、ハンドサイズがいまいち合わずあれこれしてたら足が滑ってテンション。情けないなぁ。一段上がると、コーナーのシンハンド~フィンガーが濡れていて悪いが、少し遠目のところにフィンガーが関節で掛かるところがありそれで体を引き上げれば問題なかった。

3ピッチ目 荒澤リード
奥のチムニーも登れそうであるが、フェイスの方が得意なので、手前のフィンガークラックが走る階段状のフェイスを登る。余裕があるので、ナッツやトライカムを使いながら登る。リングボルトが打ってあるフェイスのトラバース部分がバランシーで面白い。

4ピッチ目 ヨコさんリード
ザックを受け取り、フォローに回る。スラブの後、コーナーからルーフに差し掛かるあたりで、ザックが邪魔で上を向けないし、ザックが閊えてルーフに手が届かない。面倒くさくなってフォローをいいことに振り子気味にトラバースしてフレークを登り終了点へ。

5ピッチ目 ヨコさんリード
余計なギア、ザックはテラスにデポ。出だしのフレークはダイクまではフレークの中に右半身を入れてO.W.登りで、そのあとはレイバックでぐいぐい登る。フレークを登り切った後に出てくるO.W.は左半身を突っ込む。外足がヒール&トゥがばっちり決まるので、意外と簡単に登れた。
DSC00877.jpg
5ピッチ目のフレークを登るヨコさん

■15日(日)大面岩 左稜線
昨日とは逆に今回は前半をヨコさん、テラスから上の後半を荒澤がリード。下部はすっきりしないけど、テラス直前、トラバースあたりから面白くなってくる。最後の10aのO.W.はすごい警戒してたけど、こんなに簡単でいいの?まぁ、プロテクションの心配ないからこんなもんかねぇ。大面岩山頂からは十一面が一望でき、最高の展望台。小ヤスリ岩の上にいたパーティに手を 振ったり、写真を撮ったりしてのんびり過ごしてから下山。

1ピッチ目 ヨコさんリード
ホールド豊富なスラブから土の上の歩き
DSC00900.jpg

2ピッチ目 ヨコさんリード
木登りピッチ

3ピッチ目 ヨコさんリード
トラバースからちょっと難しいカンテを登りテラスまで
DSC00912.jpg


4ピッチ目 荒澤リード
10aのフェースだけど、意外と悪い。カンテの小突起に乗り込むのがちょっと勇気がいる感じ
DSC00918.jpg

5ピッチ目 荒澤リード
下り気味にトラバースしてから登り出す。上部のスラブがちょっと嫌らしい

6ピッチ目 歩き
チムニー取付きまでロープ引きずって歩く

7ピッチ目 荒澤リード
チムニーは徐々に狭くなり最後はスクイーズチムニー。いったんフェースに出てからのO.W.は2か所ほど癒しのチョックストーンがあり、癒されました。

DSC00924.jpg
大面岩のピークで記念撮影

DSC00931.jpg
十一面を見渡せて素晴らしい展望
スポンサーサイト



2014.06.22 5月の活動など
GW以降はフリーシーズン突入!(記:荒澤)

■5/11(日) 御岳 w/ Iくん
GWの槍ヶ岳からの下山時に足の爪を痛めて、親指の爪が内出血で黒々しており、クライミングシューズ長時間履けないので、2回目の御嶽ボルダー。 ジム仲間のIくんに案内してもらって初めて忍者岩に行ってみた。本日の目標は忍者返し1級だったのだけど、あっさり4便で完登。つづいてピンチ岩に移動しファットブロッカー初段に手を出してみたけど、さすがに初段は敗退。夕方、デッドエンドの岩まで移動し、デッドエンド1級にもトライしたけど、こちらもダメ。3大クラシックのエイハブ、忍者返し、デッドエンドだと、デッドエンドが一番難し い気がする。
DSC_0523.jpg
忍者返し

■5/17(土)-18(日) 湯川と小川山 w/ぶなヨコさん
今シーズンはクラック強化がメインテーマのため、ヨコさんに付き合ってもらって湯川、小川山へクラックツアー。初日は湯川。アップのあと、バンパイア5.10cは一撃(カム情報聞いたのでフラッシュ)、そのあとのサイコキネシス5.10dは2便出して1テン。カムもムーブも解決したので、次回は大丈夫なはず。
DSC00841.jpg
バンパイアにトライ中のK坂さん

二日目は小川山。ヨコさんリクエストで屋根岩3峰・南稜レモン。良く調べもせずに取付いたため、カムはキャメ#3までしか持っていかず、核心の3ピッチ目のワイドクラックは結構ランナウトしてしびれた。そのあとは日向はとにかく暑くて日陰を求めて親 指岩に移動。しばらく順番待ちして、クレイジージャムに取り付いた。1年前にトップロープで触っているけど、今回は初リード。何とか下部を突破し、快適な ハンドセクションを登り、ワイドセクションも頑張ったのだけど、ワイドの出口付近で力尽きてドカ落ち。う~ん、悔しい。もう、登りかえしてトップアウトす る元気もなく、ヨコさんに回収してもらった。
DSC00859.jpg
南稜レモンのワイドクラックで悶絶中のヨコさん

■5/31(土)-6/1(日) 小川山 w/森田さん、他2
梅雨前の貴重な晴れの週末、さっさとクレイジージャムを落としてしまいたくて&輸入したギアを友人に渡すため小川山へ。初日はハコヤ岩へ向かうも大混雑で、上部の方の岩を適当に登る。グレードもよくわからないハンドサイズぐらいのクラックを森田さんが果敢にリード。核心付近が少し悪くて何度もフォールしながらもトライしてたけど、あきらめて降りてきた。回収で荒澤が登り、ピンクポイント。そのあとOさんが危なげなくフラッシュし、最後に再度森田さんがリードでトライ。テンション入ったけど無事トップアウト。さすが、OB阿部さんに鍛えられて逞しくなってる!このルートは我々の後に取付いたパーティによるとFucking Nuts 5.10aだったみたい。そのあとは砦岩前衛壁へ移動し、ばんざいジャム5.10cへ。ワイドは苦手だけど、とりあえず荒澤OSトライしてみたら、やっぱり落ちた。頑張ってトップアウトしたけど、明日のクレイジージャムトライを考えて2便目は出さずビレイに専念。夜は友人や高校の同級生がいる茅ヶ崎山岳会の宴会に混ぜてもらい美味しい料理をいただいた。
SDIM5851.jpg
ばんざいジャム

二日目はもう一名加わり4名となったため、2チームに分かれて行動。荒澤と森田さんは親指岩へ。小川山レイバックでアップして~、と思ったらなんと20人近くの待ち。仕方ないのでいきなりクレイジージャムに取付いたけど、出だしのムーブをすっかり忘れていてテンション。そしてワイドの出口付近でジャムが決まらず四苦八苦してフォール。フレーク状のところに無理やりフィストをねじ込んで何とか突破し、初めてトップアウトできた。アップで登るという上手なお二人のトライを挟んでの2便目は、ワイド出口までスルスルと登ったが、あとちょっとで左手がガバに届くってところで痛恨の大フォール。いやぁ、かなり落ちました。ここで小川山レイバックが空いたので、森田さんがリードでトライ。出だしが怖いというので、1個目のカムをプリセットしてあげてスタートし、危なげなくRP。その後、クレイジージャムに戻り、心と体はだいぶ疲れていたけど渾身の3便目を出す。使うカムとワイド出口のムーブを変えたのが功を奏し、ついにRP.。いやぁ、このRPは非常にうれしい。その後、先ほどの小川山レイバックRPの他力のプリクリが気に食わなかった森田さんは再度自力でプリクリして正真正銘のRP。なかなか根性ありますね~。
DSC00867.jpg
やっと登れたクレイジージャム
■日時 2013年11月24日(日)
■場所 名栗・河又
■メンバー 荒澤(記)、他1(ジム仲間Iくん)

2013-11-24 155208
デザソントライ中のYさん

8時飯能発のバスで移動し、一番乗りで岩場到着。デザートソングのトライも2日目。先週、「次で登れます」と言い切ったからには今日で落とさねば。

誰も取り付いていないので、一便目はヌンチャクを掛けながらムーブのおさらい。まだ体、指が十分にアップできていないようで先週のトライ時より感触が悪いし、カチとか核心の左ポッケで痛めている左手薬指に痛みが走る。無理せずテンションを交えながら核心の3-4ピン間に突入。先週は「限定」と言われているサイドガバを使ってムーブを組み立てていたが、試しに使わないムーブを確認。棚の甘い左手ポッケから、棚の上のスローパー気味のホールドに右手を寄せて、左足をカチに高く上げて、左手で縦ホールドを取り、右足を送って右手をコルネ下端付近へデット。あぁ、わりとすんなりできちゃった。全然出来そうもなければ「限定」を使ってRPしようと思ってたけど、できるのならより良いスタイルで登りたいので、「限定」を使わないことを決意。でも、「限定」を使うムーブよりも手数も多く消耗が激しい。これ、下から繋げてできるかな、と不安になる。

4-5ピン間の左トラバースからのコルネ取りが自分にとっての第二核心。右上の遠いホールドを取りに行くムーブもありそうだけど、自分の身長だと届いてもパツンパツンになってしまうので、コルネ右下の甘いポッケを右手で保持して左手をデット気味にコルネをピンチするムーブを先週組み立てた。ここもとりあえずこなして5ピン目間近のカンテ状に右手を伸ばす。が、持った場所が悪く、なかなかクリップ姿勢を作れない。右手を修正できないままゴニョゴニョやってたら、右足を滑らして大フォール。とりあえず5ピン目にヌンチャクを掛けたいので、再トライしたが、だいぶヨレたので第二核心が越えられず、一旦降りる。

さて、2便目。まだ5ピン目のヌンチャクは掛かってないが、あわよくばここでRPするつもりで取り付いた。が、核心で右手を寄せる際の左足の位置がわからなくなりテンション。あれっ、さっきどうやったっけ?と考えると、左足を切っていたことを思い出す。そこからはすんなりトップアウト。

続いて3便目、今度こそ決めるつもりで取り付いたが、また核心の右手寄せでフォール。核心部分だけやれば問題なくできるのに、下から繋げるとできない。ちょっと考えると、下から繋げた際には、疲れからか少しバランスが悪くなっていることに気づく。もうちょっと左に重心寄せなきゃいけないんだ。第二核心も触っておきたいのできっちりトップアウト。

そろそろパフォーマンスが落ち始めそうな4便目。ここで決めなきゃ今日中にRPが怪しくなってくる。壁にだいぶ日が当たり、ちょっと湿気り始めた感じがあるが、とにかくトライ。核心の右手を寄せる感じは悪くなかったが左手が保持できずに落ちた。やっぱりちょっとヌメリ感があった。ここも一応トップアウトする。

さて、時間的にも疲労的にも追い込まれてきた5便目。だいぶ日も傾いて、さっきより壁の温度は下がってそう。とにかく集中してトライ開始。

核心は落ち着いて重心を左に寄せて体の回転を抑えて右手を寄せる。
・・・
止まった!

そして、コルネ下端取りの右手デット。
・・・
届いた!

が、体が剥がれそうになり、右手に力をこめる。
・・・
耐えた!

初めて下から通しで核心を越えれた。慎重にガバでレストし、左トラバースからの第二核心に突入。
右手を甘いポッケに突っ込むが、保持できている感じがせず、左手をコルネに飛ばせないでモジモジしてしまう。ま、まずい。

ほんの一瞬、右手を解除してレスト、そして再び甘いポッケに突っ込み、躊躇せず左手をコルネへデット。
・・・
掴んだ!!

落ち着いてコルネ上部のガバへ右手を伸ばし、一安心。

RPが頭をちらつき始めるが、落ち着いてカンテの良いところに右手を伸ばし、5ピン目をクリップ。いよいよRPの文字が目の前に浮かび始める。ここで油断してはダメだと自分に言い聞かせ、しっかりレスト。左手ガストンからの右手での縦穴取り、足を上げて左のカンテ状に左手ガストンで、右足をカンテにヒール。そしてガバ穴を右手で保持し、終了点にクリップ。

の、登れた~。

2本目の12ではあるが、デザートソングのRPは非常にうれしかった。初12は北川の北落師門で、「お買い得な12aがあるよ」と仲間に誘われてのこのこついていき、あっさり2撃したので、あまり実感もわかなかったし、12の前に「お買い得」という枕詞がつくのがちょっとなぁと思っていた。「12aのテストピース」と言われるデザートソング。1年前の12月、初めて河又に来たときは10cすら登れず、強そうな人たちがトライしていたデザートソングを見て、「こんなのいつか登れるようになるのかなぁ」とぼんやり眺めていたルートをこうして登れるようになるとはなかなか感慨深い。次はいよいよ二子に行っちゃう?

【本日のトライ】
いきのいい奴 5.10a(アップ)
デザートソング 5.12a 5RP(通算2日7便)
2013.11.19 11月のフリー
今月もフリーばっか(荒澤)

■11月2日(土)甲府幕岩
・JECC:吉川さん、梅野さん、南雲さん、森田さん(+Sさん)
・OB:阿部さん、溝渕さん
・ジム仲間:Sさん、Oさん、Iくん

コンケスタドールで負傷した左薬指の調子が悪いので本気トライしないよ~、と言いながら、適当に11台を登り散らして、どれも完登できず・・・。ええ、次行ったらちゃんとやりますよ。

・HIVE 5.10a (アップ)
・ダダ 5.10c FL
・キルト 5.11b/c ×
・ジベリングス 5.11d ×
・ダーティークライマーズ 5.11b ×
・ピリカ 5.10b/c(クールダウン)

DSC00341.jpg
甲府幕岩が一番気持ちの良い季節

■11月9日(土)~10日(日)小川山
青鬼祭りに参加。

9日(土)
・ジェットストリーム 5.10b 2ピッチ ALLリードFL
・蜘蛛の糸 5.11c 1TR
恐怖のジェットストリームを登りにいった。なに、このトラバース!これはなかなか面白い。そのあとはメンバー二人がトライ中の蜘蛛の糸についていき、トップロープで一本だけ出してみたら、ちょっと落ちそうになりつつも一応ノーテンでトップアウト。あれっ、クラック強くなってる?

10日(日)
・小川山レイバック 5.9+
・ガマスラブ 5.8くらい?
初外岩で小川山なSさんをおもてなしするため、親指岩へ。小川山レイバックにトップロープを張って各自2本ずつ登る。時折小雨がパラパラ降る微妙な天気だったが、午後もガマスラブで2本登り青鬼祭り終了。

DSC00349.jpg
ジェットストリーム

DSC00364.jpg
青鬼が現れた!

DSC00375.jpg
蜘蛛の糸

DSC00385.jpg
小川山レイバック

■11月17日(日)河又
やりかけのドラゴンストリートを片付けてデザートソングに取り掛かり始めるため、1か月ぶりの河又へ。ジム仲間Iくんと。

・いきのいいやつ 5.10a
・ドラゴンストリート 5.11d 2RP(通算2日4便)
・デザートソング 5.12a 2x

ドラゴンストリートは1便目ヌンチャクを掛けに登り、ムーブ確認。やはり体がヨレていないと核心ムーブも余裕をもってこなせる。2便目、大五郎から分岐した1ピン目付近で右足ヒールでレストしてた時にヒールがすっぽ抜けて落ちそうになったが間一髪ホールドを掴んでセーフ。そのまま核心も問題なくこなしてRP。

午後からはデザートソングの待ち行列に参戦。スタートが共通の一期一会と合わせて8人ぐらいいたのかな。他の人のムーブを見ながらなので、2便でほぼムーブは固まった。次回で落とせるでしょう。
2013.11.19 10月のフリー
谷川を計画するも天気がぱっとせず、フリーばっかりの1か月でした。(荒澤)

■10月5日(土)ベースキャンプ
JECC唯一の会行事(?)のクライミングパーティを小川山で開催する予定でしたがあいにくの天気で中止のためベースキャンプへ転進。入会希望のMさんも交えてジムトレ。

・[The Base Camp]ライムストーンマスター5.12a 3x
1便目1テン。2便目、下部で手間取って上部でフォール。フォール時、右手中指を痛める。3便目、右手が痛いのに耐えながらもゴールまで到着。しかし、クリップできずに痛恨のゴール落ち。右手も痛いのであとはクラックで遊んだりして終了。

■10月12日(土)太刀岡山
ジム仲間のSさんを連れて簡単なマルチピッチということで太刀岡山左岩稜へ。
下山途中、小山ロックでハッピーバースデー5.11aをマスターOSでお持ち帰り。
・太刀岡山左岩稜 5.9 8ピッチ(1,2,3,5,7荒澤リード)
・ハッピーバースデー 5.11a mOS

download(1).jpg


■10月13日(日)河又
ジム仲間Sさん、Oさんと河又へ。現地で青鬼Iさんとご挨拶。前日の太刀岡山の疲れもあり、あまり本気トライモードではなく、外リード経験の浅いOさんのためにトップロープ掛けたりして過ごす。途中からドラゴンストリート5.11dをトライしていた人に混ぜてもらい、2便出してムーブ解決。次で登れそう。
・いきのいいやつ 5.10a
・ギザギザハート 5.10c
・麦畑 5.10b
・ドラゴンストリート 5.11d 2x

■10月19日(土)湯川
・メンバー 福原さん、ヨコさん(ぶな)、荒澤
この土日はヨコさんのリクエストで、谷川岳一ノ倉沢二の沢右壁~ドーム壁を計画するも天候が微妙なため中止。とりあえず小川山に転進したが、朝、ナナーズの駐車場で様子を見ていても一向に雨がやむ気配がなかったので、さらに湯川へ転進。苦手のクラックもだいぶ登れるようになってきた。サイコキネシスもカムセットしながらノーテンで登れたので次回はRP狙ってトライしよう。

・デゲンナー 5.8 アップ
・名無しルート 5.10a OS
・コークスクリュー 5.9 再登
・サイコキネシス 5.10c 2TR
・北京の秋 5.10b OS
・フォーサイト 5.10a/b OS

download(2).jpg
北京の秋

■10月20日(日)ベースキャンプ
土曜夜から雨のため、日曜は朝からベースキャンプ。前日の湯川で体幹ヨレ気味。

・[The Base Camp]ライムストーンマスター 5.12a 2RP(通算7便目)
アップ後、すぐに宿題のライムストーンマスター5.12aにトライ。1便目でゴール手前まで行ったが、腰を落としてキョンするところで腰が高くフォール。2便目、そこを修正して無事RP。通算7便目、ベースキャンプで3個目の12aをゲット。特に難しいムーブがあるわけではなく、持久系のルートで、それほど良くないホールドが続く中でいかにレストするかがポイントといった感じ。

■10月27日(日)湯河原幕岩
大雨の翌日、乾きの良さそうなところで湯河原幕岩へ。

・帰還兵5.10c 2RP
・シャックシャイン5.10d 2RP
・コンケスタドール 5.12a 1TR

アップで帰還兵にマスターOS狙いで取りつくも核心手前のクリップで手間取りテンション。2便目でRP。シャックシャインもOS狙いで行くも、核心のフィンガーからのガバ取りでフォール。2便目でRP。この辺のグレードは確実にOSしなきゃまずいでしょ・・・。そのあとは青鬼ペアが取付いていたコンケスタドールのトップロープをお借りして1便出してみたが、カチの握りこみで左手薬指負傷。

download(3).jpg
青鬼ペアのコンケスタドール

download(4).jpg
シャックシャイン核心部