FC2ブログ
■日時 2012年4月28日~5月1日
■場所 飯豊連峰


■メンバー 荒澤
■電波状況(ドコモ)
 ・御沢野営場付近:圏外
 ・三国岳付近:OK
 ・切合小屋:OK
 ・本山小屋:OK
 ・飯豊山山頂付近:OK
 ・梅花皮小屋:OK
 ・門内小屋:OK
 ・門内~二王子岳:圏外
 ・二王子岳山頂付近:圏外
 ・山頂~二王子神社:ところどころOK

■記録
●4/28
 08:50 川入集落
 09:10-09:20 御沢野営場
 10:55 中十五里
 14:10 剣ヶ峰
 14:40-15:00 三国岳
 16:40 切合避難小屋

ムーンライトえちご利用で新潟まわりで山都駅まで。山都駅から川入まではタクシー(5390円)。川入から先は除雪されておらずキャンプ場まで車は入れなかった。

長坂尾根には一人分の今朝のトレースがあった。途中、それにもう一つのトレースが加わってきて、よく見ると熊さんでした。寝不足と暑さと久々の重荷のせいか、なかなかペースが上がらず、ゆっくりゆっくりと登る。

剣ヶ峰前後の切り立った稜線や岩場は、雪が細り、ナイフリッジになってたが通行に問題のないレベル。15時前に三国岳の避難小屋に到着したが、だいぶ疲れたし、ここまでかなと思ったが、明日以降の行程を考えると、予定通り切合までは行っておきたいので、進むことにした。三国小屋にはTwitterで交流のある新潟の下越山岳会の方がいらっしゃっていて、挨拶を交わし、情報などをいただいた。

三国岳からは一箇所、腐った雪壁が少し悪かったぐらいで特に問題はなく、一時間半ほどで種蒔山に到着。だいぶ疲れていたが、傾きかけた日に照らされた周りの山々が美しく、一気に疲れが飛んで「気持ちい~」と叫ぶ。種蒔山から切合避難小屋は目と鼻の先で、先行者がいるかなと思ったら、さらに先まで進んだようで、避難小屋に一人ぼっち。

DSC03713.jpg
御沢野営場

DSC02725.jpg
剣ヶ峰付近

DSC03727.jpg
三国岳から種蒔山方面

DSC03733.jpg
種蒔山山頂付近

DSC02726.jpg
種蒔山山頂付近パノラマ

================================================================
●4/29
 04:30 切合避難小屋
 06:00-06:50 本山避難小屋
 07:10-07:30 飯豊山
 08:10-08:30 御西避難小屋
 11:25 烏帽子岳
 12:05-13:20 梅花皮避難小屋
 13:50-13:55 北股岳
 14:30-14:35 門内岳
 14:40 門内避難小屋

日の出前に切合を出発し、本山小屋で単独の方(大沢たかお似のイケメン!)とお話をしてコーヒーをごちそうになる。御西小屋で大日に向かう単独の方とお別れをして一人北股岳を目指す。雪庇の発達方向のみ気をつけてトレースのない気持ちのよい雪面をのんびり歩く。風が強いが快晴で、腐った雪に足を取られながらお昼ごろに梅花皮小屋に到着。ここまで来れば本日の目的地、門内小屋までは2時間程度なので、小屋の中で大休止。梅花皮小屋からは30分ほどで北股岳山頂。山頂で門内方面から登ってきたテレマークの2人組と出会い、挨拶を交わして、門内小屋まで移動。ここでもひとりぼっち。

DSC03739.jpg
日の出

DSC03748.jpg
飯豊山山頂から大日岳方面

DSC03753.jpg
飯豊山山頂からこれから向かう北股岳方面

DSC02730.jpg
天気が良いのでソーラーパネルでエネループを充電

DSC03790.jpg
門内岳から二王子岳方面(中央付近やや右寄りの白い山塊が二王子岳)

================================================================
●4/30
 04:50 門内岳
 05:50 二ツ峰
 10:20-11:05 赤津山
 12:50 ヤンゲン峰
 15:00 桝取倉山 ビバーク

ここからが核心。門内岳から二王子岳まで続く藪尾根にいよいよ突入。

門内岳直下の何箇所も割れ目のできて雪崩れそうな斜面を駆け下り、二ツ峰へ取り付く。二ツ峰の登りは崩れそうな雪壁から草付きへ乗り移ると錆びた鎖が垂れていたが、信用できるかわからないので、藪を掴みながらよじ登る。二ツ峰からの下りは、いきなり藪。

藪を下りきったあたりで登ってきた新潟の3人パーティと出会う。焼峰山の方からで、下部で藪が多く、ここまでで2泊かかってしまったとのことであった。

赤津山まではほとんど雪を拾いながら歩くことができたが、赤津山に着く頃には靴が完全に浸水して靴下がびしょびしょとなった。靴下を交換し、あったかいココア飲んで一息つく。ここからは全くトレースもなく、人通りも期待できない。少々不安になるが、ここまで来たからには突破するしかないと覚悟を決める。

ここからは常に気を張ってのルートファインディング。雪のつながり具合や崩壊状態、藪の様子を遠くからみて想定ルートをいくつか考えてから近づき、後は現地判断。緊張感で喉がカラカラ。しかし、どんな状況でも慣れてくるもので、最初は嫌だった藪もコツを掴み、楽に進めるようになってくるし、ラインも見えてくる。注意深く見るとわずかながら人が通った形跡も確認できる。それでも単独であることのプレッシャーは大きく、精神的にも大分疲れたので、無理をせず15時に桝取倉山でビバーク体制に入る。予定通り桝取倉山まで到達できたことで、明日には下山できる見込みが立ち、だいぶ気が楽になった。それにしても、「今年のGWのは久しぶりに一人でお気楽縦走♪」と思っていたのに、なんでシビアに雪と藪と格闘してるんだ?まるで去年の黒部横断の再来ではないか・・・。

DSC02743.jpg
二ツ峰からの下りはいきなり藪

DSC03830.jpg
ヤンゲン峰付近

DSC02750.jpg
藪突破中

DSC03826 (1)
ヤブの中にはカタクリの花

DSC03840.jpg
二王子岳へ沈む夕日

DSC03844.jpg
桝取倉山でツエルトビバーク。飯豊方面の眺めが最高。

================================================================
●5/1
 04:50 桝取倉山
 06:00 雷岳
 08:10 二本木山
 08:40-09:20 二王子岳
 11:00 二王子神社

この日も朝から藪と不安定な雪。それでもゴールが見えているのと藪に慣れたことでプレッシャーは軽減された。出発してすぐに雷岳を通過し、ほどなくコルに到着。このへんから急に風が強くなり、時々体を持って行かれそうになりながら二王子岳の稜線に向けて最後の登りを一歩一歩進んでゆく。稜線直下の急な雪壁をこなし、稜線に飛び出すと新潟平野と日本海が目に飛び込んできた。やり切った達成感と、故郷に帰ってきた安心感で一気に緊張感から解放された。危険のない雪面、ルートファインディングする必要のない登山道というのは、なんと気楽なのだろうかと、安全圏に達した喜びを噛み締めながら二王子岳までの最後の登りを満喫し、いよいよ到着。

二王子岳山頂や下山路では、これまでの静かな山旅が嘘のように、たくさんの登山者とすれ違う。二王子岳は初めてだったが、地元の方に愛されている山だと感じた。途中実家に連絡を入れ、無事を伝えると、父が車で登山口まで迎えにきてくれるというので甘えることにする。降りてくると里は新緑で緑が美しい。二王子神社のしだれ桜に迎えられてゴール。長かった!

DSC03866.jpg
夜明け前の山々と飛行機

DSC03868.jpg
雷岳方面。あと少しで藪エリアも終わり。

DSC03873.jpg
あとは登るだけ。

DSC03877.jpg
二本木山付近から歩いてきてルートを振り返る

DSC03881.jpg
新潟平野が見えた!

DSC03890.jpg
新発田へ向かって下山


スポンサーサイト