FC2ブログ
1年前の右俣に続き、今年は左俣に行って来ました。やはり山ヤ的には上まで突きあげたいってことで、今年もフル装備での突破です。

■日時 2013年1月12日~13日
■場所 南ア・仙丈ヶ岳周辺 尾勝谷・塩沢左俣
■メンバー 福原、荒澤(記)、ヨコさん(外部)

■1月12日(土)
07:40 戸台大橋
09:00 塩沢出合
11:20 二俣
11:40 F1下(ハーネス、アイゼン装着)
12:30 F2下
14:30 F3下
15:35 F10(?)下
16:00 F10上にて幕営

戸台大橋付近から川原方面へ下る林道(行き止まり)に車を止め、出発。尾勝谷出会いからは林道を1時間ほどで塩沢出合に到着。途中の巨大堰堤は左の階段を登ったが、上部が凍結していて、先行していた蝸牛パーティがカッティングしてくれていた。感謝!

DSC03464.jpg
巨大堰堤の上部は氷漬け

DSC03467.jpg
塩沢出合付近からみた尾勝谷方面。去年より雪が多い。

塩沢出合で、尾勝谷本谷に向かう蝸牛パーティと別れ、塩沢へ入る。岳人の効果か、非常にトレースがはっきりしており、多くのパーティを迎えていることが伺える。2時間ちょっとで二俣に到着すると、テントが一張。左俣にも当日のものと思われるトレースがついていた。

二俣から20分ほどでF1の下に到着し、ここでアイゼン、ハーネスを付ける。本日の氷質は、硬いが脆く、打ち込むと表面に広くヒビが入り、もう一叩きすると玉ねぎ状に剥ける感じ。F1を簡単に越え、わずかでF2が見えてくると、先行の二人パーティのリードが滝の30mぐらいでピッチを切ってフォローが登り始めるところだった。

DSC03471.jpg
F1

DSC03474.jpg
F1登攀中 (ヨコさん)

DSC03478.jpg
F2が見えてきた。先行Pはシングル40mロープなのかな。上部でピッチを切っている

二人がトップアウトするのを待っていると、30分以上待つことになりそうだったので、先行の落氷を受けない右のラインを登らせてもらうことにし、急いで準備。荷物の分配をして、リード用の軽いザックを作る。右のラインは左よりも立っているがバーティカルはないし難しくはない。スピードを上げて登り、先行のリードとほぼ同時に終了点の立木に到着。

DSC03481.jpg
F2 写真真ん中付近から登り始め、空洞の上で右へトラバースして直上。

DSC03484.jpg
F2フォロー ヨコさん

DSC03486.jpg
F2フォロー 福原さん

そこから5分程度?でF3到着。念のためロープを出し、ヨコさんリードでサクッと登る。その後も適当に滝をいくつも越えていくと、30~40mぐらいの大きな滝が出てきた。下から数えてきた感じだとF6かF7くらいだと思っていた。トポとサイズは随分違うけど。先行Pはロープを出しているが、不要そうなので、フォローが登り終わるのを待って、それぞれフリーソロで登る。滝の上で16時だったので、その滝の上の二俣の平坦地で雪を整地してテントを設営。水も沢から取れるし、伊那の町の眺めが良く快適。

DSC03488.jpg
F3 リードはヨコさん

DSC03498.jpg
小滝を適当に越えていく。Fいくつかよくわかんない

DSC03499.jpg
F? 下山後分かったが、これがF10だったっぽい。写真右端付近に垂直部分が発達するらしい?

■1月13日(日)
06:30 出発
10:10 丹渓新道
12:40 丹渓山荘
15:35 戸台大橋

薄暗い6:30、幕営地を出発。いくつか小滝を越えながら、いくつも入ってくる支流を本流とおもわれる谷を選択しながら詰めていく。しかし、登れど登れどF10が出てこない。いつしか谷は源頭の様相を見せ始め、氷もなくなり、ラッセルとなる。適当な所で、左の支尾根に登ってみるが、樹林の中の腰~胸ラッセルでなかなか進まない。どこかで谷を詰め間違ったのかなぁと思いながらも、とりあえず3人で交代しながらラッセルし、10時過ぎに丹渓新道まで詰め上げた。

DSC03501.jpg
6:30 白い山々は木曽駒あたり。ホテル千畳敷のものと思われるライトが山腹に輝いていた

あとは下るだけだが、ここからがまだ長い。丹渓新道を赤布を探しながら下り、2時間半ぐらいで丹渓山荘付近。あとは、戸台の岩場を眺めたりしながらのんびり川原歩きを3時間で車到着。

DSC03506.jpg
戸台の岩場

帰りの車内でネットで記録などを見ると、どうやら土曜日に最後にフリーソロで登ってしまった滝がF10だったっぽいことがわかった。右に垂直な滝が発達するらしいのだが、近年は出来てないのかな?
スポンサーサイト



一年前の記録を今更アップロード

■日時:2012年1月14日(土)~15日(日)
■場所:南ア・尾勝谷・塩沢右俣
■メンバー:小川、鈴木、荒澤(記)

■1月14日
 08:25戸台大橋
 09:15塩沢出合
 12:00右俣F1下
 12:40右俣F2下
 14:20右俣F3下
 15:50右俣F5下
 17:00幕営

道の駅で仮眠し、明るくなってから出発。戸台大橋付近から下ったあたりに駐車し、8時半前に出発。雪のない林道を歩いて、一時間弱で塩沢出合。微かな踏み跡をたどりながら河原を2時間ほど詰めると二俣に到着した。
二俣からは30分ほどでF1に到着し、アイゼンとハーネスを装着した。氷結の甘い水ぽいナメ滝を適当にフリーソロで越えていくとF2に到着した。ロープを出して左側を荒澤リードで取り付く。F2の上からはすぐにF3が見える。F3は小川さんリードで。そのあとはどこがF4だったのかわからないまま、曲がったF5に到着。下部は斜度がないのでフリーソロ。上部も斜度はたいしたことないが、ぐしゃぐしゃの氷で高度が出てくるので念のためロープを出す。大分暗くなってきたのでF5とF6の間の氷の上を整地して今夜の寝床とした。

DSC02342.jpg
戸台大橋のあたりに駐車して出発

DSC02350.jpg
F1でハーネス、アイゼン装着

DSC02354.jpg
F2 荒澤リードで左から

DSC02361.jpg
F3 小川さんリード

■1月15日
 07:30幕営地出発
 08:15右俣F10下
 08:50右俣F10登攀開始
 10:30右俣F10上
 15:00丹渓新道
 17:00丹渓山荘
 19:00戸台大橋

明るくなってから7時半ごろビバーク地を出発。F6~9は適当にフリーソロで越えていくと、前方に立派なF10が見えてきた。左は水が滴っていて、右はカリフラワー状。スカート部分を登って氷柱の裏で登攀準備。リードは小川さん。F10のあともナメ滝が続く。3箇所ほど10m程度の割と立った滝があり、鈴木くんのリード練習でロープを出す。氷がなくなったあたりで左の樹林の中に入り、適当に詰めていくと15時に丹渓新道に飛び出した。暗くなる前、17時に丹渓山荘に到着し、あとは退屈な河原歩き2時間で駐車場に到着。

DSC02373.jpg
F6~9はロープ必要なし

DSC02378.jpg
核心のF10

DSC02386.jpg
F10 滝の裏からスタート

DSC02390.jpg
F10 小川さんリード

DSC02399.jpg
F10のあとも氷は絶えない
三峰川岳沢の予定がパートナー都合で出発が1日遅れとなり、天気も微妙だったので八ヶ岳に転進。南沢大滝と大同心大滝でゆるふわアイスとなりました。

■日時 2012年12月29日~30日
■場所 八ヶ岳・南沢大滝、大同心大滝
■メンバー 荒澤(記)、ヨコさん(外部)、オンダさん(外部)

■12/29(土)晴れ 南沢大滝
予報より回復が早く、朝から快晴。この時期の八ヶ岳にしては暖かいね~と言いながら美濃戸口からのアプローチを2時間ほどこなし、南沢小滝前に到着。小滝は先客で賑わっていたので早速南沢大滝に向かう。

南沢大滝はすでに何度かリードしているので、同行の二人にリードを譲ろうかと思ったが、まずはトップロープでというので、今季初リードにチャレンジ。リードしなきゃ面白くないのにね。中央やや右寄りの凹角になっているけど一番立ってて長いラインに突撃。さすがに今季初リードということで無駄に力が入っていて、ややパンプしそうになりながらなんとかノーテンで突破し、無事トップロープを設置。その後、各自2~3本トップロープで登ったら16時で、終了。小滝前に降りてテントを設営した。夜も暖かすぎて目が覚め、シュラフ全開でなんとか寝れた。

DSC03402.jpg
南沢大滝 クライマー:ヨコさん、ビレイヤー:オンダさん(左は先行の3人パーティ)

■12/30(日)くもり→雪→雨 大同心大滝
まだ真っ暗な5時、南沢小滝前を出発し、登山道手前で幕営道具をデポして行者小屋経由で赤岳鉱泉まで。大同心沢のトレースはすっかり消えており、ラッセル深そうだったので、大同心稜を途中まで登り、そこから大同心沢へ下ってみた。大同心沢はトレースは消えているものの、踏み固められたところを外さなければそこまで深いラッセルにはならない感じ。

初めて見る大同心大滝は見栄えのする立派な滝で登攀意欲をそそられる。下からワンピッチで行っちゃいたかったけど、初めてだし安全を見て上段左のテラスでピッチを切ることにした。フリーソロで十分な下段、中段をロープを伸ばしてテラスの残置支点でビレイ。二人をテラスに迎えた後、いよいよ核心の上段にトライ。テラスから見ると垂直ってほどは立ってなくて、簡単そう。気温も高く、水が滴るようなコンディションで、氷も柔らかい。南沢大滝よりもあっさりとリードして、滝の落ち口の整備された支点を利用してトップロープを設置し、各自2本ずつ登った。

終わり頃、後続パーティが到着したので、ルートを譲って早めに下山開始。途中、赤岳鉱泉の温度計が1℃ほどだった。どうりで暖かいわけだ。降り続いていた湿雪も、南沢大滝付近から雨となり全身ずぶ濡れになりながら下山。年末の八ヶ岳で雨なんて信じられない。

DSC03405.jpg
ラッセルの末、大同心大滝が見えてきた

DSC03412.jpg
テラスのビレイ点から クライマー:オンダさん

DSC03413.jpg
大同心大滝上部のリードに取りかかる クライマー:荒澤

DSC03420.jpg
簡単なのでランナウトも気にならない クライマー:荒澤

DSC03453.jpg
クライマー:ヨコさん

DSC03460.jpg
後続パーティが登っている