FC2ブログ
■日時 2013年2月17日(日)
■場所 西上州 荒船山 艫岩・昇天の氷柱
■メンバー 福原、荒澤(記)

土曜夜、道の駅しもにたに到着するとすでに山ヤの車が多数停まっていた。これだけいると昇天パーティが他にもいそうだと思い、起床時間を30分早めて4:30とした。朝4時頃、活動を開始したパーティがいて気になったが、こちらは予定通り4:30起床、食事とトイレをを済ませて内山峠に移動。

5:40ごろ内山峠に到着すると、すでに車が2台でどちらも準備中だった。こちらも急いで準備をして彼らより早く5:50頃出発。7時ごろ一杯水でハーネス、アイゼン装着し、7:30一番乗りで取付き到着。あぶない、30分の早起きが功を奏した。

DSC03659.jpg
一杯水から艫岩のトラバースに入る

7:45 1ピッチ目 荒澤リード 下段は素直で簡単なアイス。二段目は中央のトンネルは狭くて通過できそうになく、右のベルグラを雪を払いながらデリケートなクライミングで突破。

DSC03661.jpg
1ピッチ目

8:30 2ピッチ目 福原さんリード 簡単な滝とナメを越えて3ピッチ目の取付きまで。

DSC03666.jpg
2ピッチ目

9:06 3ピッチ目 荒澤リード ビッシリと氷が発達しており、デコボコしていて簡単そうだなぁとナメて取り付いたが、意外と悪い。フッキングだけで登れるかと思いきや氷が脆く、加重できる箇所が少ないし、打ち込める箇所も限られてバランスが悪い。そんなことより、指先が冷たすぎてしんどい。とは言え、側壁を使って安定した体勢をとることができ、レストはしっかりできるので落ち着いて登ればたいした事はない。

DSC03671.jpg
3ピッチ目の氷

9:55 4ピッチ目 福原さんリード 3ピッチ目は氷が潤沢だったのに、4ピッチ目は少なく、名物(?)のお椀氷も小さい。下から吹き上げてくる風により、砂まじりの雪が顔に吹き付け、視界が遮られるなかなか厳しいクライミング。核心のチョックストーンっぽいところはドラツーで越えるが、アックスがしっかりかかるガバみたいなホールドばっかりで難しくはない。10:40、登攀終了。

DSC03680.jpg
4ピッチ目奮闘中

DSC03685.jpg
核心手前

DSC03687.jpg
突破!

DSC03686.jpg
背後は浅間山

避難小屋で休憩後、下山路がよくわからず地形図とGPS見ながら歩いていたら一杯水の少し上で登山道に復帰。あのあたり、地形図上の登山道と実際の登山道の位置が随分違わないですか?

DSC03693.jpg
昇天の氷柱遠景(中央左より、稜線の大きく落ち込んだあたりの下に3ピッチ目の氷爆が見える)

下山後は荒船の湯で凍えた体を解凍し、下仁田駅近くのきよしや食堂で名物のカツ丼をいただいた。きよしや食堂さん、閉店時間近かったのに電話したら開けて待っていてくれた。

20130217 144431
名物のカツ丼。カツが2枚も!
スポンサーサイト



荒澤の膝の調子も万全でなく、ヨコさんも足の調子が悪いということで足尾で定着山行してきました。

■日時 2013年2月9日(土)~11日(月)
■場所 足尾・松木渓谷 黒沢、ウメコバ沢、夏小屋沢、無名ルンゼ、横向沢
■メンバー 福原、荒澤(記)、ヨコさん(外部)

■9日(土)黒沢
初日は黒沢と横向沢の間ぐらいの河原の平坦地にBCを設営。13時過ぎに黒沢へ。F1からしっかり氷が露出しており快適。F2もばっちり。F2は荒澤リードで右のラインから。F3は左が水が滴っているものの一面にばっちり氷結しており、右寄りの強点を選んで福原さんリード。その上もF4はヨコさんリードで登り、懸垂で下って初日は終了。夜はたき火をしたが寒くて早々にテントに引き上げた。

DSC03539.jpg
黒沢はバッチリ氷結していた。

DSC03542.jpg
黒沢F2

DSC03556.jpg
黒沢F3

■10日(日)ウメコバ沢、中央岩峰チコちゃんルート
二日目はウメコバ沢へ。中央岩峰のルートを伺いながら谷を進み、F3は荒澤リードで左のバーティカルを含む強点ラインから。続くF4は福原さんリードで右寄りのラインから。その上もナメが続くのでしばらく登ってから下山開始。F3の下で荷物を回収して大休止。

DSC03566.jpg
ウメコバ沢F3

DSC03573.jpg
ウメコバ沢F4

DSC03582.jpg
F4上部

そこから中央岩峰のチコちゃんルートに向かう。福原さんに小型のカムをお願いしていたがうまく伝わっておらず、カムが少なく心許ないが、とりあえず行けるとこまで行きますかという感じで13時頃荒澤リードで1ピッチ目スタート。登り切ったあたりにサビサビのリングボルト二つビレイ点があったが、信用ならないので、さらに数メートル登り、テラス状までロープを伸ばしてカムとナッツでビレイ点作成してフォローを迎える。2ピッチ目は福原さんリード。正面の顕著なクラックは避け、左のクラックを越える。そのあとは特に難しいところもない岩稜で60mロープを一杯近く伸ばしビレイ解除のコール。2ピッチ登り終えたところで15:30を過ぎたので懸垂2回で下る。お約束のロープスタックで登り返したりしながら17時頃取付きに到着し、暗くなる前に帰幕。

三日目はまずは夏小屋沢へ。F2は氷がだいぶ細っているがまぁ登れるレベル。まだ氷が安定してそうな右のラインをヨコさんリードで登り、その上もしばらく登ってみるが、途中で氷がほとんど薄くなり、もうこの先は期待できないので下降。隣の無名ルンゼへ移動。

DSC03600.jpg
夏小屋沢F3

無名ルンゼF1は荒澤リードでサクッと登る。昨年はフォローでしか登ってなかったのでとりあえずリードしておきたかったのだけど、正直物足りない。F2は福原さんリード。去年よりもだいぶ氷が細っている。その上も探ってみるが、ここもすぐに氷がなくなり、下降。

DSC03613.jpg
無名ルンゼF2

最後は横向沢のF1の左側のバーティカルを含むラインをヨコさんリードで。荒澤は右の寝てるラインをフリーソロで登り、途中で写真を撮って遊んだ。テントに戻ったのが13時ごろで、撤収して15時ごろ駐車場に下山。

DSC03626.jpg
横向沢F1

DSC03634_20130215004030.jpg
リードしてる人を真横から

DSC03655_20130215004030.jpg
飛び散る氷

水沼駅の温泉で汗を流し、阿左美ホルモンで激安焼肉を楽しんで帰宅。今回は3日間、足尾定着でメジャーな滝はほぼ全て登ったが全体的に簡単すぎて物足りなさを感じた。ウメコバの岩と組み合わせて登ると充実する感じ。
1月の塩沢の下山時に右膝の内側側副靭帯と半月板を損傷し、しばらく大人しくしていたのですが、平地の歩行は問題ないレベルまで回復したことから、いつものメンバー+Climbing Club ZooのOさんに付き合っていただいてリハビリゲレンデアイスへ行って来ました。

■日時 2013年2月3日(日)
■場所 南ア・芦安周辺 上荒井沢・カモシカルンゼとトリコルネ
■メンバー 福原、荒澤(記)、ヨコさん(外部)、Oさん(外部)

朝6:30に八王子駅でピックアップしてもらい、一路芦安へ。8時過ぎに林道の駐車スペースに到着。準備をして8時半すぎに出発し、9時過ぎにトリコルネ到着した。

トリコルネでは、ちょうど先行がトップロープ工作中だったので、先にカモシカルンゼへ向かう。カモシカルンゼF1は水ジャージャーだが登れそうなのでとりあえず登ることにし、Oさん-荒澤ペアとヨコさん-福原さんペアでロープを準備。1ピッチ目はOさんリードでF1の上まで。2ピッチ目は荒澤リードで簡単なF2、F3を越して、F4の下まで。F4は崩壊寸前な感じ。落ち口が薄そうだなぁと思いながらOさんリード。落ち口は完全に氷がなくドライツーリングで乗越す。

DSC03509.jpg
カモシカルンゼF1 下部は水氷

DSC03510.jpg
カモシカルンゼF1 核心部分IV-~IVぐらい?

DSC03514.jpg
カモシカルンゼF4 下部は簡単

DSC03515.jpg
カモシカルンゼF4 中間部も快適

DSC03518.jpg
カモシカルンゼF4 崩壊寸前でデリケートなクライミング。落ち口は氷なし。

午後、トリコルネに移動すると、ちょうど誰もいなかったので、荒澤リードでトップロープを設置しに登る。60mロープでちょうどだったので高さは30mといったところ。簡単なので、スクリュー三本をオブザべ通りのポイントでねじ込んで、スピードを意識して登る。ちょうど10分ぐらい。5分くらいで登れるようになりたいものだ。その後はトリコルネのトップロープで16時過ぎまで登り、一番最後に撤収。温泉入ってご飯を食べて帰宅。

DSC03523.jpg
トリコルネ 荒澤リード中 IV~IV+ぐらい?

DSC03529.jpg
トリコルネ ヨコさんリード中

DSC03531.jpg
トリコルネ 遠景