FC2ブログ
■日時 2013年12月7日(土)~8日(日)
■場所 八ヶ岳・南沢小滝&大滝、中山尾根
■メンバー 荒澤(記)、やんもと(コリンズ)

■7日(土)南沢小滝・大滝
土曜朝、車に同乗させていただいたぶなチームと美濃戸口で別れ、八ヶ岳山荘で大阪から夜行バスでやってくるパートナーやんもと氏待ち。JECC入会前はよくロープを組んでいたが、今回は3年ぶりぐらいだろうか。暇なので孤高の人を読んでいたが、今ならあのムーブのありえなさが良くわかる。そんなこんなでやんもと氏が到着し、9時半ごろ出発し、南沢大滝を目指す。

ぶなチームが先行して南沢大滝に行っていたが、やんもと氏が本格的なバーチカルアイスは初だったので、まずは小滝で遊ぶ。右は水が滴りシャンデリア状だが、中央~左は十分登れるコンディション。トップロープ4本掛かり、隙間ない感じだったが、石田ガイドが一本除けてくれたのでありがたくリードさせていただき、トップロープ設置。

TG-620 -20131207135917-001
大混雑の小滝

14時ごろ、大滝へ移動し、トップロープで練習中のぶなチームに合流。大滝は右半分以上水がジャージャー流れ、左端のラインしか登れない。「トップロープなんかじゃ登らないでしょ?」とロープを抜かれ、リード。上部のバーティカル部は氷が穴だらけで簡単に登れる。スピード重視でサクッと登り、再度トップロープを設置。南沢大滝を今まで登った中で一番簡単だった気がする。

■8日(日)中山尾根



翌日は2時半起き。4時過ぎに出発し、5時ごろ行者小屋通過。中山乗越で身支度やエネルギー補給をして、5時半過ぎに中山乗越を出発。小一時間ほどでナイフリッジ手前に到着し、アイゼン、ハーネス装着。その間に1パーティに抜かれ、2番手で取りつきへ。

DSC00432.jpg
ナイフリッジ手前から見る下部岩壁

7時過ぎごろ、荒澤リードで下部岩壁1ピッチ目スタート。右の凹角は先行パーティのフォローが登り始めるところだったので、正面の壁を登る。2ピッチ目はやんもと氏リード。出だしの凹角に少々手こずりながら突破。そのあとは簡単な雪稜をコンテで上部岩壁の取付きまで。

DSC00433.jpg
赤岳と阿弥陀岳。東面は日が当たってて良いなぁ。。。こっちは寒い。

8時半過ぎ、上部岩壁1ピッチ目を荒澤リードで。フレークのところがほんの少し悪いのかな。被った凹角はホールド豊富で簡単。凹角を抜けたところでピッチを切る。

TG-620 -20131208083700-001
上部岩壁1ピッチ目。このすぐ先がフレーク状でレイバック気味に登る。

2ピッチ目、やんもと氏リードで簡単な歩きピッチ。3ピッチ目、荒澤リードで歩きピッチ。4ピッチ目やんもと氏リード。簡単なピッチなのに短く切りすぎた。5ピッチ目、荒澤リードで正面の岩を登り、リッジを乗越して10時過ぎに全ピッチ終了。ようやく日向に出れて暖かい。お日様は偉大だ。のんびり行動を食べてロープを片付け、ルンゼをトラバースして一般道に合流。いや、なかなか良いルートでした。

TG-620 -20131208095230-001
最終ピッチの立った岩壁

TG-620 -20131208100443-001
ピナクルでビレイ

DSC00440.jpg
天気良くてご機嫌。ってか、ジャケットの色がほぼ同じだし。ザックも一緒だし。ペアルックかっw

DSC00446.jpg
空が蒼い!

DSC00447.jpg
富士山もよく見えました

DSC00448.jpg
赤岳と富士山
スポンサーサイト



■日時 2013年12月1日(日)
■場所 八ヶ岳・広河原沢右俣クリスマスルンゼ周辺
■メンバー 福原さん、荒澤(記)、ヨコさん(ぶな)、イガラシさん(ぶな)

今シーズンのアイス始めで八ヶ岳・広河原沢右俣に行ってきました。

7時過ぎごろ、船山十字路を出発し、9時ごろ右俣出合でアイゼン装着、10時前にクリスマスルンゼ前到着。

DSC00392.jpg
右俣出合付近でアイゼン装着。ナメが続く

DSC00402.jpg
途中の滝は氷が薄く、右側ぐらいしか登れない

DSC00409.jpg
クリスマスルンゼ到着。水が流れている。

クリスマスルンゼ下部は各々フリーソロで上段の取付きまで。上段は荒澤リードでトップロープを張りに。右は水が流れ、中央左ぐらいしかリードできそうなところはない。シーズン一発目で動きが硬いなぁと思ってたら、スクリュー打ってる時にスタンスが崩れて左手一本で足ブラになった。いやぁ、焦った。それ以外は大した問題もなく、上流の倒木から支点を取ってトップロープ設置。60mロープでぎりぎりぐらいだった。

DSC00411.jpg
中央付近には水が流れ、リードできそうなのは中央左ぐらい

DSC00413.jpg
右半身に飛沫を浴びながらリード

DSC00422.jpg
トップロープでなら左の氷柱も遊べる

ひとしきりトップロープで遊んだあと、昼過ぎに降りて、武藤返しの滝に移動。元代表武藤さんの顔を思い浮かべながら登る(笑)。ちょっと遊んでから下山。なかなか良いアイス始めとなりました。

DSC00429.jpg
武藤返しを福原さんリード。