FC2ブログ
■日時 2014年7月27日(日)
■場所 奥秩父・笛吹川水系・東沢本流下部~ホラの貝ゴルジュ
■メンバー 荒澤(単独)

35度を超える週末、パートナーも見つからず一人でゴルジュ遊びしてきました。3年前、初めてトライしたときは降雨直後で、ホラの貝より下流部でもかなり苦労し、流れが強くてホラの貝内部に突入すらできなかったのですが、今回はリベンジなるか?



都内から鈍行で移動し、8:30塩山発のバスに乗り9:30西沢渓谷に到着した。10時ごろに入渓点の河原を通過し、最初の5~6m滝の直下までそのまま移動して準備。この暑さ、水温なら不要な気もするが、せっかく持ってきたのでウェットスーツなどフル装備して取付く。右岸の簡単なクラック沿いを荷物持ったままフリーソロで登り、しばらく歩くと前回に苦労した淵に到着。今回は水量も少なく流れも緩やかなので、簡単に歩いて突破できた。前回はまったく足が立たず、へつっても流され、左岸のスラブを微妙なトラバースしたのに、、、その後も特に難しいところはなく、あぁ、平水だと簡単なのねぇと思いながらあっという間に10:45ごろホラの貝入口に到着した。

DSC00971.jpg
ホラの貝入口 平水より少なめっぽい

ちょっとエネルギーを補給し、空身でホラの貝に突入。内部にはたくさんの人がおり、核心の滝をジャンプしたりして遊んでいる。左岸のトラバースルートをぱっと見たところ大して難しくなさそうなので、そのままフリーソロで取り付く。心配した滝壺の引き込み流れもこの水量ではたいしたことがないので、滝壺に落ちても問題なさそう。手はガバや良いカチがあるし、足もアクアステルスならスメアリングで問題なく立てるのですんなりと突破。5.10aぐらいと言われてるけど、小川山の5.8のスラブ程度じゃないかな。そのあとも淵を泳いだり、トイ状の流れを突破したりしながら山の神付近の開けた河原まで遡行し、帰りはウォータースライダー&お釜にドボンでゴルジュから脱出。

DSC00973.jpg
ホラの貝内部から入口を振り返る

DSC00974.jpg
内部には人がたくさん

DSC00975.jpg
キレイな色の釜にうっとり

ホラの貝入口の河原で少し休んで、すぐに同ルート下降。11:45にはつり橋近くの河原に戻り、日向で装備を乾かし、下山報告などを済ませ、12:30に河原を出発、13:00にバス停に到着し、13:10のバスに乗り、笛吹の湯で下車して入浴。1時間半後の次のバスで塩山まで戻り、16時ごろの鈍行で都内へ戻り18:30には最寄駅に到着。なかなか楽しく水遊びができました。
スポンサーサイト



■日時 2014年7月12日(土)~13日(日)
■場所 南八ヶ岳・横岳西壁・大同心雲稜ルート
■メンバー 福原さん、荒澤(記)

冬から初夏にかけてお仕事が忙しく、あまり登れていなかった福原さんのためにのんびりハイキングを企画。赤岳鉱泉で生ビールを飲んでのんびりすることが主目的で、大同心雲稜はオマケです。

土曜日は朝8時八王子集合というのんびり具合。渋滞に巻き込まれながら11時過ぎに美濃戸口に駐車して歩き出す。美濃戸の駐車場も見たことないほど満車で、無雪期の八ヶ岳人気がうかがわれる。この日は赤岳鉱泉で生ビールを飲むことが目的なので、テント設営後、さっそく昼間っから乾杯。天気がよくお酒がすすみ、生ビー ル→缶ビール→白ワインボトル1本空け、さらに焼酎を飲んで気持ちよく就寝。

DSC00944.jpg
夏山JOYって感じ

2014-07-12 135249
すべてはこの一杯のために!

日曜日は朝4:40ごろに出発し、大同心稜を1時間弱で大同心基部に到着した。雲が多く、風も強くて結構寒いため、合羽を着こんで6時過ぎに登攀開始した。

1ピッチ目は荒澤リード、つい3か月前にグローブ、アイゼンでトライしていたが、やっぱり素手とクライミングシューズだと簡単。チョチョイと小ハングを越えてビレイ点到着。2ピッチ目は福原さんリード。ほとんどランナーも取らずに登ってっちゃった。3ピッチ目は荒澤リード。少々ぼろいので慎重に。4ピッチ目は福原さんリードでドームの取付きまで。5ピッチ目は荒澤リード。核心部分が1、2手細かいけど快適なカンテのクライミングで大同心の頭の直下まで。登攀時間は2時間弱。

DSC00957.jpg
4ピッチ目の出だし

DSC00960.jpg
5ピッチ目、終了点直下

8時前には大同 心の頭で装備を畳んで、コマクサを眺めながら硫黄岳経由で下山。12時前には美濃戸口に戻り、モミの湯経由で15時過ぎには八王子で解散。素手&クライミ ングシューズで登ると簡単すぎるけど、ロケーションは良いし、生ビール飲めるし、のーんびり2日間過ごすには良いところですね。

DSC00964.jpg
お花に興味がなくてもコマクサぐらいは知ってます