FC2ブログ
■日時 2014年9月13日(土)~15日(月)
■場所 北アルプス・槍ヶ岳・西稜
■メンバー 福原さん、荒澤(記)

3日間の好天予報につられて景色が良くて気持ちのいいクライミングがしたくなり、GWに続いて今年2回目の槍ヶ岳・西稜へ。パートナーはGWに一緒に登れなかった福原さん。

13日午前1時ごろ新穂高温泉に到着するも、無料駐車場はいっぱい。すでに路駐の嵐。槍見の無料駐車場の隙間に駐車。
一杯軽く飲んで、3時間ぐらい仮眠。6時半ごろ、駐車場を出発し、飛騨沢を7時間かけて槍ヶ岳山荘まで登るも14時の時点でテン場は売り切れ。容赦なく「殺生へ下れ」と言われる。

DSC01064.jpg
連休初日はさすがに穂先渋滞はほとんどない

登攀日の14日は風も弱く快晴。4時過ぎに殺生を出発し、槍ヶ岳山荘前で準備し不用品をデポして明るくなりかけた5時ごろに出発。例のごとく、槍の穂先へ登る途中からルンゼを下る。しかし、このルンゼ、雪がないとガラガラで悪い悪い。落石を起こさないように慎重に30分弱下り、バンド状をトラバース気味に西稜に上がると、ちょうど小槍の下、大テラスよりちょっと上の一畳ほどのテラスに着いた。ここでロープを出して6時ごろ登攀開始。

DSC01065.jpg
西稜へトラバースするバンド

DSC01068.jpg
後方には双六~水晶などの山々が広がる

DSC01070.jpg
小槍の西壁を見上げる

すでに大テラスより上のため、従来の1ピッチ目と2ピッチ目をリンクして荒澤リード。朝イチで微妙なスラブは少し緊張。従来の2ピッチ目の出だしがホールドが遠く苦労。ここはドラツーの方が簡単な気がする。

続いて2ピッチ目、福原さんリードでくの字ジェードルの直下まで。

DSC01072.jpg
くの字ジェードル直下でビレイ中の福原さん

3ピッチ目、くの字ジェードルはGWに続き荒澤リード。今回はクライミングシューズなので割と簡単。足がすっぽり入るオフィズス(5.7~8ぐらいかな)のコーナーを登り、屈曲部分はフィンガージャムを決めて一気に乗り越す。そのまま右のリッジを回り込み簡単なフェースを歩いて小さなコルまで。

DSC01074.jpg
無雪期は簡単なオフィズス

小槍の最後のピッチは福原さんがロープを引っ張って上がって8時過ぎにメインディッシュ終了。小槍の山頂で日向ぼっこしながらのんびり休憩。

DSC01075.jpg
小槍山頂にて

あとは懸垂で小槍のコルまで下り、残りの快適な岩稜歩きを楽しみ、10:40ごろ大混雑の山頂に到着。この日は穂先へ登る大渋滞が槍ヶ岳山荘前まで伸び、4時間待ちぐらいになったらしい。その日のうちに槍平へ下り、のんびり過ごして翌日下山。

DSC01077.jpg
曾孫槍を登る福原さん

DSC01076.jpg
小槍の右ルートを登攀中のN○C山岳部のパーティ

DSC01079.jpg
小槍山頂で寛ぐ同パーティ

DSC01082.jpg
小槍をバックに記念撮影

DSC01085.jpg
穂高方面。予報通り、お昼近くになるとガスが上がってきた

DSC01083-1.jpg
山頂から見る渋滞の列

DSC01086.jpg
12時ごろ、渋滞は小屋の前まで伸びていた
スポンサーサイト