FC2ブログ
2016.02.19 米子不動
■日にち 2016年2月11日(木)~13日(土)
■ルート 米子不動
■メンバー 荒澤、廣川さん、ぶな横田川さん、他1
■概要
 2/11(木)アプローチ、森の囁き35m
 2/12(金)龍神110m
 2/13(土)不動戻し100m、下山
■詳細
当初4日間の予定でしたが、春一番の大荒れ雨予報を受けて1日早く下山しました。100m級の個性の異なる氷瀑がずら~っと立ち並び、素晴らしいエリアです。アプローチが大変なことを除けば・・・。スノーモービルによる日帰り2パーティ、泊まり3パーティ。そのほとんどが知り合いという感じで、賑やかに楽しめました。

DSC02077.jpg
左から権現滝、不動滝、正露丸

DSC02149a.jpg
右が大沢エリアの夜叉、尾根を挟んで左が龍神エリアで右からコブラ、アナコンダ、少し離れて龍神

〇森の囁き 35m IV+~V-(荒澤、横田川)
簡単な氷だが、日当たりが良く、中間部以下は柔らかい。落ち口に近づくと中空の薄い氷。落ち口の乗っ越し部分の氷が非常に薄く、足元のスクリューもスカスカで悪かった

DSC02078.jpg
森の囁き

〇龍神 110m (荒澤、横田川)
1P目30m V+~VI-(荒澤)
見た目より悪い脆い氷柱状をクリーニングしながら登る。荷重掛けたらつららが吹っ飛んでヒヤっとする場面も。その上は逆うろこ状の氷でアックスはガバで決まるが、スクリューは意味なくランナウト。洞窟でピッチを切る 。

2P目30m V(荒澤)
洞窟から右にトラバースして傾斜が少し緩くなったところを登る。快適な氷。まだロープに余裕があったが、少しは横田川さんがリードする部分を残しておかないと、と思い、垂直部の手前でピッチを切る 。

3P目50m V-(横田川)
最後の垂壁部を登り、落ち口までロープを伸ばす。龍神の上は二俣に別れさらに氷が続いていた。
下降は右岸の灌木帯を懸垂で降りたが、ロープが引っかかり時間が掛かる。氷をアバラコフで降りた方がいいと思う。

DSC02084.jpg
龍神エリアにそびえるアナコンダ(左)とコブラ(右)

DSC02099.jpg
龍神

DSC02098.jpg
龍神登攀後の記念撮影

〇不動戻し 100m (荒澤、廣川、横田川)
1P目50m(荒澤)V+~VI-
シャワーを避け、スカートの正面の垂直部分から登り始めたら長くて疲れた。50mほどロープを伸ばし、傾斜が緩くなったところでピッチを切る。残置アバラコフがあったが、氷がだいぶ解けて心許ない感じだった。

2P目50m(横田川)
緩やかな階段状の氷を落ち口まで。 下降は左岸側の灌木をつないで降りた。

DSC02102.jpg
不動戻しのスカートを正面から登る

DSC02104.jpg
垂直部が結構長い

帰りは2時間半ちょっとで下山。湯っ蔵んどで温泉に浸かり、YCC御用達の味ともでロースかつご膳を食べて帰宅。

スポンサーサイト