FC2ブログ
■日にち:2016年3月20日(日)~21日(月)
■ルート:北ア・鹿島槍ヶ岳・北壁主稜
■メンバー:荒澤、横井くん



■3/20(日)
7:15大谷原登山口
9:00天狗尾根取付き
13:00ごろ?天狗の鼻

谷川シーズンもほぼ終わりな感もあり、次は鹿島槍北壁だ!と意気込んで鹿島槍へ突撃。条件的には氷のリボンでも狙いたいところだが、鹿島槍北壁も天狗尾根も今回が初めてなので、まずは下見も兼ねて入門ルートの北壁主稜を選択。

我々はもともと日月の2日間の予定だったが、土曜日の雨を嫌って入山を一日遅らせたぶなチームとルート、スケジュールが一緒になったため、信濃大町付近で合流し、翌朝、一緒に入山。駐車場では去年、荒川出合でお会いした東海チームKさんたちと挨拶を交わす。

渡渉は最初のみ靴を脱いでの渡渉だったが、あとは飛び石で何とかなった。天狗尾根上はトレースもあり、特に問題になるところもなく単独の若者に次いで2番手で天狗の鼻に到着。気合を入れて整地をしてテント設営後はトラバース地点の偵察に向かい、トラバースルートの目星を付けておいた。

DSC02206.jpg
テントサイトから天狗尾根上部を臨む

■3/21(月)
4:20ごろ出発
6:30ごろ氷のリボン
7:10ごろ主稜取付き付近のスノーコル
11:40主稜の頭11:50
11:55北峰山頂12:05
14:20天狗の鼻14:50
17:00荒沢出合
18:30大谷原P

翌朝、4時出発を目指して起きたが、結局4:20ごろの出発となる。最低のコルを過ぎて登りに差し掛かる壁際から先行にならって下降気味にルートを取る。しばらくすると、先行の東海チームが懸垂の準備をし始めた。どうもカクネ里に下りてアプローチするようなので、ここから別れて適当にトラバースを開始。概ねルートファインディングも良かったようで、偽リボンを過ぎて、本物の氷のリボンを発見。そこからさらに蝶型右稜を回り込んだあたりが主稜の取付きである。

DSC02212.jpg
トラバース中に夜が明ける

DSC02214.jpg
トラバース中

DSC02216.jpg
氷のリボン。取付いたパーティもいたが、氷質が悪く敗退したそうだ。手前にベルグラ状の偽リボンがあるので間違えないように!

スノーコルからノーロープで雪壁を詰め、氷瀑の直下でロープを出す。1段目5mくらい、雪面30m、2段目20mぐらいだろうか。60mロープいっぱいで2段目の上までは到達できそうだったが、安定したビレイ点を構築できそうにないので、落ち口2m下、右手のブッシュでピッチを切る。スクリュー2本しか持ってなかったので、結構ランナウトしたけど、まぁIV+程度なので問題ない。

氷瀑の上は延々硬く締まった雪壁登り。状況が分からないので、とりあえずコンテで登る。この辺で先行した単独行の若者の姿を見失い、トレースも見失う。どうやら左手の尾根を乗越して、広い雪面を詰めるのが簡単だったようだが、我々は主稜のすぐ左手のブッシュ交じりを詰め、徐々に傾斜が増し、ジャンクションピークに登り詰めた。そこから広い雪面にトラバースし、上部の露岩帯を右手に回り込みながら雪面を登り、主稜の頭に飛び出した。

北峰のピークまで行き、写真を撮って天狗尾根の下降開始。気の抜けないクライムダウンや30m×2回の懸垂を交えながら14時過ぎに天狗の鼻に帰着。すぐにテントを撤収して、14:50ごろ下降を開始した。17時に荒沢出合に降り、ぎりぎりヘッデン残業なしの18:30ごろに大谷原の駐車場に帰着した。

DSC02224.jpg
北峰の山頂にて

DSC02231.jpg
下降中、主稜の雪壁を登るぶなパーティを発見
スポンサーサイト



■日時 2016年3月5日(土)~6日(日)
■ルート 谷川岳一ノ倉沢滝沢リッジ
■メンバー 荒澤、ぶな横田川さん



3年前、初挑戦するも、取付きからおむすび岩までに時間が掛かりすぎ、翌日の悪天を考慮して敗退となった滝沢リッジ。今回も同じメンバーで再挑戦。

6時ごろ登攀開始し、1,2ピッチ目はスタカットで登ったが、それ以降は前回の反省を生かし、同時登攀を多用して時間短縮を図った。おむすび岩付近までは順調に進んだが、そこから先、悪い雪質の雪壁のラッセル、ナイフリッジの処理に時間が掛かり、ビバーク予定地のドーム壁基部までたどり着けずに日没、さらにガスで視界もない状態となった。戻ろうにも懸垂に耐える支点も得られず、先の状態も見えない状況で、なんとか残置ハーケン1本を発見し、さらに凍った草付にイボイノシシを叩き込んで安定したセルフを取ることができ、傾斜のある雪面を少し削ってお座りビバーク。被ったツエルトの足元から寒風が吹き込み、過酷な一晩となった。

DSC02167_20160311000323097.jpg
朝日を浴びた一ノ倉沢。烏帽子の大氷柱は下までつながっていない。

DSC02168_201603110003243f1.jpg
三スラには2パーティ、4人が取付いたが、どちらも知り合いパーティだった。

DSC02169_20160311000325cbc.jpg
リッジ上に上がると、目の前に一、二ノ沢中間稜が見え、3~4パーティが取付いているようだった

DSC02172_2016031100032680f.jpg
際どいナイフリッジが続く


ナイフリッジの様子

DSC02173_2016031100032800c.jpg

DSC02177.jpg
三スラパーティはもう少しでドーム壁基部に到着しそう

翌日、ガスで視界がない中、とりあえず明るくなったので登攀再開。2ピッチ目で突然ガスが取れ、真っ白なスノーリッジと立ちはだかる黒いドーム壁、真っ青な空が目前に広がりテンションが上がる。結局3ピッチでドーム壁基部に到着。そこからAルンゼに下降し、昨日の三スラパーティのトレースをありがたく頂戴し、国境稜線に抜けた。

DSC02178.jpg
突然ガスが晴れて青空が広がった

DSC02183.jpg
ドーム壁に向けて美しいスノーリッジが続く

DSC02186.jpg
背後には雲海が広がっていた

DSC02188.jpg
ドーム壁へ続く最後の斜面を登る