FC2ブログ
■日にち 2017年1月21日(土)~22日(日)
■ルート 大谷不動 不動裏の氷瀑、左岩壁中央ルート
■メンバー 荒澤、横井くん

当初、大谷不動を計画していたが、いろいろあって米子不動に変更し、金曜夜に須坂まで移動した。しかし、夜中から降り出した雪がジャンジャン積もって朝には10cm以上の新雪が。迷っていたところへ、追い打ちをかけるように「WCMで20人ぐらい米子に入るよ」との情報が入り、そんなんじゃ登りたいルート登れないじゃん、ってことで結局大谷不動へ転進。峰の原高原スキー場は吹雪で、しばらく車で様子を見たが、止む気配がないので9時ごろ出発。新しいトレースを追いかけていくと、林道の中間部あたりでYCCの5人パーティに追いついた。そこからラッセルに加わるが、スノーシューを履いてても膝ぐらいのラッセルでなかなか大変で、不動尊の前には11時過ぎに到着した。

不動前の滝に向かうYCCパーティと別れ、テントを張って不動裏の滝へ向かったが、ここもラッセル深く、F2に到着したときは15時だった。急いで準備して横井くんリードで右の氷柱を登り、フォロー回収して撤収。暗くなる前にテントに戻った。この日は我々と日帰りのYCCパーティしか入らなかったようで、テン場には我々のみだった。

DSC02879.jpg
不動裏の氷瀑F2右

DSC02880.jpg
横井くんリード

日曜日は荒澤の希望で、美しいペンシル状のF2が気になる左岩壁中央ルートに向かう。ラッセルが懸念事項だったが、何とか1時間ほどでF1取付きまでたどり着けた。F1は横井くんリードで取付く。上半分は立っているが、右の壁がせり出し凹角状になっているので易しい。横井くんは昨日の不動裏の右も左岩壁中央のF1も安定してリードできており、ずいぶんとアイスも上手くなっている。

DSC02882_20170124234931ee2.jpg
左岩壁中央のF1が見えてきた

DSC02884.jpg
安定したリードで突破

F1の上に上がると雪原の奥にすらっとしたF2が見えた。トポの写真よりもだいぶ細く頼りない感じだが問題なさそう。雪原をラッセルしてF2の基部の右側で登攀準備を行い、荒澤リードでF2に取りついた。氷柱の下部5mが完全にバーチカルで、中間部~上部の10mが下部よりは心なしか寝ている程度でほぼバーチカル。細い氷柱状で傾斜を殺せないのでなかなか厳しそう。核心の下部ではスクリューの効きが甘く、短い間隔でスクリュー打ったら余計に疲れた。そして頻繁に落ちてくるスノーシャワーのため、あまり楽な姿勢も取れず苦しい。それでもテンションは掛けまいと、入念にレストを入れながらじわじわ登り、無事フリーで突破。疲れた~。

DSC02886.jpg
F2細い・・・

DSC02894mod.jpg
下部が立ってて厳しい

DSC02900.jpg
スノーシャワーに耐えながら登る

左岩壁から本流に下りてきたところでソロのS木くんに久しぶりに会った。一人で不動前、不動裏と登って、右側壁へ向かおうとしていた。結局、日曜日は我々とS木くんしか大谷不動に入っていないようだった。
スポンサーサイト



■日にち 2016年12月27日~30日
■ルート 南アルプス 北岳バットレス第四尾根
■メンバー 荒澤、横井くん、ぶな横田川さん



入山予定の27日、大雨が降る。早川町での連続降雨量は55mmと表示され、川には灰色の濁流がゴウゴウと流れていた。昼過ぎには雨が上がる予報だったのでしばらく待機したが、奈良田の雨が上がったのは14時過ぎだった。それから準備をして15時過ぎに開運隧道を出発し、3時間弱の林道歩きであるき沢橋手前のトンネルの中でテント泊。

翌朝、6時に出るつもりが、早く準備が終わってしまい5時半ごろあるき沢橋に靴をデポして出発。8時過ぎに池山御池小屋に到着して小休止。小屋の周りは薄皮一枚程度の新雪がうっすらと積もっているのみで、水作りは難しそうであった。

DSC02854_201701042309456cc.jpg
28日朝の池山御池小屋周辺

8時半前に小屋を出発し、城峰への急登が始まるあたりで先行者が引き返したようでトレースが消えた。9時半ごろ城峰を通過。ヨコさんのアイゼンが靴に着かないトラブルで時間を取られ、結局ヨコさんはツボ足でボーコン沢ノ頭まで行くこととなった。一部ラッセルを交えつつ、12時半過ぎにボーコン沢ノ頭に到着。八本歯までテントを上げたかったが、風が強そうなので、去年と同じ窪地にテントを張り、ブロックを積んで補強した。

DSC02862.jpg
ボーコン沢ノ頭から見た北岳バットレス

その後、荒澤と横井くんで偵察とトレース付けに向かう。ボーコン沢ノ頭までは去年より雪が少ないと感じたが、稜線上と東側斜面は去年より雪が深く、27日に結構雪が積もったようだった。北岳東面の上部雪壁には破断面が見え、表層雪崩が落ちた後のようで、大樺沢の方に目をやるとデブリが出ていた。八本歯のコルからの下りは夏道の梯子の手すりが埋まっており、一部不明瞭であり、明るいうちにトレース付けることが出来てよかった。トラバースポイントからさらに30分ほどラッセルしてトレースを付け、16時ごろに引き返し、17時過ぎにテントに帰着。ヨコさんのアイゼンは一応着くようになったようだが、本人の意向で登攀には不参加となった。ヨコさんは明日は様子を見ながら一般ルートから北岳に登頂することとなった。

翌朝は2時起床、3時半に出発。稜線上では強風に煽られたり、地吹雪で目が開けられなかったりしたが、八本歯のコルから下ると予想通り風は落ちついた。5時過ぎにトラバースを開始し、順調に昨日の途中までのトレースを辿るが、その先が暗闇の中でちゃんと取り付けるか不安であった。ヘッデンをフルパワーにして慎重にルート取りをし、ドンピシャでdガリー取付きに6時前に到着した。dガリー大滝はしっかりと氷雪壁となっていたため、そのままロープを出さずに登り、5尾根の支稜に上がって少し明るくなるのを待ちながら一休み。さらに1ピッチ分ロープを出さずに登り、横断バンドのトラバース地点からロープを付けた。トラバース1ピッチ、そこから2ピッチで9時ごろ4尾根の取付きに到着した。4尾根取付きテラスは完全に雪に覆われ、取付きのクラックもビレイ点も雪の下であった。

4尾根取付きからは正面の岩の下までよく締まった雪壁を横井くんが1ピッチの伸ばしハイマツでビレイ。そこから岩を右に回り込み、60mいっぱいロープを伸ばしてリッジ上まで荒澤がリード。後半40mはランナウトでベルグラ交じりの甘い雪壁を登らされ、最後はスカ雪のバランシーな胸ラッセルとなり、ここが一番緊張した。リッジに出る手前で見えていたビレイ点をパスしたら、リッジ上は何もなく、岩を掘り起こしてクラックにカムとトライカムでビレイ点構築した。そこから、マッチ箱下の三角形の垂壁を経てマッチ箱の懸垂点まで横井くんリード。懸垂点を掘り起こすのに苦労したようだ。12時半ごろマッチ箱から10mほど懸垂し、ここもトライカムx2、カムx1でビレイ点構築。

DSC02866.jpg
「白い岩のクラック」の雪壁をフォローする横井くん

DSC02871.jpg
マッチ箱に向けてリード中の横井くん

DSC02873.jpg
マッチ箱の懸垂点

枯れ木テラスまで雪壁を荒澤がリード。途中、ベルグラの上にサラサラの雪が乗っただけの状態となり、少しクライムダウンしてラインを変えて突破。城塞ハングまでのトラバースは横井くんが担当。城塞ハングの取付きのビレイ点もすっかり雪の下で、何も出てこなかったので、ナッツとトライカムでビレイ点を構築。最後の見せ場、城塞ハングは荒澤リード。ここは狭いチムニー状をドライツーリングを交えながらのミックスクライミングとなった。このピッチのみ本気グローブに付け替えて登ったので手は冷たいが余裕をもって突破できた。城塞ハング突破後はハイマツは雪の下で掘り起こせなさそうだったので、雪壁を10mぐらいロープを伸ばし、少し傾斜が緩んだあたりでスタンディングアックスビレイで横井くんを確保。あとは最後の力を振り絞って雪壁をラッセルして稜線に抜け、15:40ごろ誰もいない北岳に登頂した。

DSC02875.jpg
枯れ木テラスからフォローの横井くんを撮影

DSC02876.jpg
1年前の雪辱を果たす