FC2ブログ
■日にち 2017年3月11日(土)~12日(日)
■ルート 須坂・米子不動・味とも、コブラ
■メンバー 荒澤(JECC、同人青鬼)、Tくん(MGC、同人青鬼)

悪天予報や、谷川フィーバーの影響で延期が続き諦めていた今シーズンの米子不動。3/4-5の週末も米子不動が登れたと聞き、その後も冷え込みが続いている今週末ならまだ登れるはずと思って行ったら大当たり。

初日はアプローチしてテント設営後、味ともを13:45登攀開始。じゃんけんで勝ったTくんからスタートし、つるべで3ピッチ、50m、25m、25m。見た目は迫力なく、簡単そうだったけど、意外と2ピッチ目が悪かった。18:15登攀終了。

DSC02972.jpg
味とも(左)

DSC02978.jpg
1ピッチ目Tくんリードでスタート

DSC02993.jpg
2ピッチ目フォローのTくん。演出のため、無駄にくわえてます(笑)

DSC02996.jpg
夕闇が迫る中3ピッチ目スタート

夜はこの冬シーズンの連勝続きを祝って宴会。デザートの抹茶プリンが別腹でした。

翌日はのんびり行動開始し、8時半ごろコブラに到着。じゃんけんでまた勝ったTくんから9時過ぎに登攀スタート。1ピッチ目は前週に登られたアックス跡だらけ。氷柱左の弱点を大きな笠の下まで50mほどロープを伸ばす。2ピッチ目は荒澤リードでそこから氷柱正面に回り込み、真正面の長いバーチカルラインを気持ちよくロープを伸ばす。長くて疲れたけど、50mほどで落ち口の灌木まで到達し、12時半ごろ登攀終了。

DSC03004.jpg
コブラ(右)とアナコンダ(左)。今年のコブラは発達してて簡単そう

DSC03006.jpg
ツララがすごい形状になってる

DSC03015.jpg
1ピッチ目の終了点にて

よく発達していたため、想像してたよりも簡単で拍子抜けな味とも&コブラでしたが、スクリューが効く氷を気持ちよく登れて満足な二日間でした。

下山後は、味ともオープンの17時と同時に入店し、ロースかつ御膳を食べて帰京。
スポンサーサイト



■日にち 2017年2月26日(日)
■ルート 谷川岳一ノ倉沢 滝沢第三スラブ
■メンバー 荒澤(JECC、同人青鬼)、Tくん(MGC、同人青鬼)



去年、滝沢リッジを登り、次は「三スラ」と漠然と考えていた。2月下旬~3月初旬をターゲットとしてパートナーのTくんと予定を調整していたところ、2月中ごろに運よく烏帽子大氷柱のチャンスを掴むことができたが、その下山中も、二人の目線は具体的な登攀対象としての「三スラ」を見上げていた。

三スラを計画するには、まずは天気予報、降雪状況をチェックするところから始まる。2/16に烏帽子大氷柱で一ノ倉に入っているので、その時をベースに考えればよいので、状況は非常につかみやすかった。当初2/25(土)を最初のアタック候補日にしていたのだが、木~金にまとまった降雪があったので、日曜日に入っていた予定を調整し、2/26(日)をアタック日とした。

土曜日の夜、ベースプラザの駐車場に入り、装備を確認して就寝。今回は4時間以上睡眠時間を確保できた。2時半起床で、3時に出発。指導センターに計画書を出しに寄ると、大氷柱を狙いに来た沼田のS野さんたちに会い、お互いの成功を祈願しあった。10日前とは違い踏み固められたトレースをかっ飛ばし、2パーティを抜き去って1時間かからずに一ノ倉出合に到着。そのままツボ足で一ノ倉に入っていく。ほぼ新月のため空は真っ暗。小雪が舞い、ヘッドライトも遠くまで届かない。テールリッジの末端を通過したのはわかったのだが、そのまま谷を詰めていくと岩のスラブが露出してきた。おかしいなと思いながら、右岸側の側壁を「滝沢リッジの取り付きあたりかねぇ」とかいいながら登っていくと、左側切れ落ちてるリッジの上に出た。ここでようやく烏帽子スラブを登っていたことに気付き、慌てて下る。途中、テールリッジを登ってきたS野さんたちと談笑し、明るくなりかけた本谷に復帰して6:20ごろ滝沢出合に到着。一時間は無駄にした(笑)。

0001_xlarge.jpg
滝沢出合に到着

「前回の烏帽子大氷柱はぼくからだったから、Tくんから行く?」と尋ねると「うっす」との返事。すぐにロープを結んで登攀開始。群馬側の天気予報は悪くないはずだったが、ずっと雪が降っており、降ったそばから三スラを滑り落ちてきてスノーシャワーがひっきりなし。そして時々滝沢本谷のほうから大きいスノーシャワーが落ちてきて埋まりそうになる。Tくんは慣れない平爪でのアイスに難儀しながら出合の氷瀑を越え、順調にロープをのばす。そして荒澤がフォローで登り始め、氷瀑を登りきったところで滝沢本谷をデカいスノーシャワーが駆け抜けた。アブナイ。下でビレイしていた時だったら吹っ飛ばされてるやつだ。

その上は特にビレイの必要はなさそうなので、荒澤トップで同時登攀でF4下まで移動。スクリューとアックスでビレイ点を構築し、TくんリードでF4を越え、ロープいっぱいになってから20mぐらい同時登攀し灌木でビレイ。そこから再び荒澤トップで同時登攀。上部草付帯の取付きにタイオフしたスクリューとアックスで構築したビレイ点でTくんを迎える。この時点では9時過ぎで、良いペースで登っている。相変わらず雪が降り続き、視界が悪くドームは見えず、定期的にスノーシャワーが落ちてくる。烏帽子大氷柱のときとはうって変わって厳冬期の冬壁らしいコンディションだ。

DSC02941-001.jpg
F4リード中のTくん。側壁からスノーシャワー

上部草付帯1ピッチ目はそのままTくんリードで途中3か所ぐらいイボイノシシをぶち込んで55mほど草付帯を登り、灌木を掘り起こしてビレイ。2ピッチ目は荒澤が50mほどラッセルしながら微妙な垂直草付を登り灌木でビレイ。このピッチは微妙で時間が掛かった。3ピッチ目はTくんが60mギリギリロープを伸ばしたところでドーム基部に到着。最後はランナー取れない雪稜のラッセルとなったようで、このピッチも時間が掛かった。ドームのトラバースは荒澤リード。崩れそうな足元を慎重にトラバースし、慰霊碑のある懸垂点に到着。この時点で14時前。上部草付帯でずいぶん時間が掛かった。

DSC02943-001.jpg
上部草付帯1ピッチ目

0022_xlarge.jpg
1ピッチ目をフォローする荒澤。雪まみれ(笑)

DSC02945-001.jpg
上部草付帯2ピッチ目、フォローのTくん

DSC02946-001.jpg
aルンゼへの懸垂点手前

aルンゼはガスに覆われており、底が見えない。懸垂でルンゼの底に降り立つとフカフカの雪が詰まった気持ちの悪い状態であった。先日の降雪時から落ちていなさそうであったが、顕著な弱層は見られず、まぁ何とかなりそうだし、ここに下りたからには前に進むしかないので、膝~腿ラッセルを黙々とこなし、左手のコルに上がろうとしたところで、ヒドゥンクレパスに落ちそうになる。斜面全体がずれており、深い穴が横一直線に続いている。一番狭いところを慎重に乗越し、コルに到着。さらにリッジを詰めていくが、ガスが深く地面の傾斜すら良くわからない。とにかく上へ上へと登っていくと雪庇の下にでて、雪庇を乗り越すと縦走路に飛び出した。15時過ぎにやっと安全圏に脱出できた。

ここからは楽勝かと思いきや、ホワイトアウトで視界数m。オキの耳で記念撮影をし、トマの耳を通過し肩の小屋近くの巨大な標識までは問題なかったが、やはりホワイトアウト状態では西黒尾根の下り口が全く分からない。仕方ないので天神尾根を下ろうとするが、それもなかなか困難で、方向に当たりを付けてうっすらある踏み跡を頼りに下っていくと赤布が見えてきた。「沼田山岳会」と書いてある。S野さんありがとう~。天神ザンゲ岩のあたりまでくると完全にガスの下に出たようで見通せるようになった。あぁ、これで間違いなく帰れる。ふと爼嵓のほうに目をやると、シーラカンスが繋がっている。Tくんに「あれがシーラカンスだよ。次はあれ狙っちゃう?」などと談笑しながら天神尾根を駆け下り、17:30駐車場に戻った。(翌2/27にシーラカンス第二登が達成されたそうです)

DSC02953.jpg
天神尾根下降中にガスの下に出て一安心。